キーワードコラム│大阪 デリバリーヘルス DEBUT デリバリー

営業時間8:30 ~ 翌5:00

 

キーワードコラム


大阪・日本橋の高級ホテヘル【DEBUT】 > ホテヘルお役立ちコラム > 風俗の面接を受ける際に気を付けることは?採用基準やコツも解説!

風俗の面接を受ける際に気を付けることは?採用基準やコツも解説!

デリヘルやソープなど風俗での面接においては、一般的なアルバイトのお仕事と比べて面接スタイルや採用基準も大きく異なります。風俗でのお仕事が初めての女性にとっては、全く違うと感じる人も少なくありません。

そこで今回は、風俗初心者の人でも面接に合格できるように、面接の大まかな流れや基本的な持ち物、注意するべきポイントなどを徹底的に解説します。風俗のお仕事で頑張りたい女性や、面接に合格したい女性は参考にしてください。

1.風俗の面接における採用基準は?

風俗の面接で合格するために大切なことは、自分に合ったお店はどういったお店なのか理解することです。

風俗店にはギャル店や人妻系、ロリ系や巨乳専門店など様々なジャンルがあります。例えば、スレンダーなモデル体型女子がぽっちゃり店で採用されることは難しいでしょう。
このように、風俗の面接で合格するためには自分のキャラクターやルックスに適したお店選びをすることが重要です。

採用基準の目安を下記にまとめました。

【お店のコンセプトに対する採用基準の目安】

  • ●求人情報の「年齢上限」から+5歳位まで
  • ●スタイルがコンセプトに適しているか

しかし、実際のところ女の子の容姿はそれほど重要ではありません。愛される風俗嬢の要素はルックスやプレイだけではなく、一般常識や接客マナーも重要です。

そのため面接でも、女の子のルックスよりも時間を守れるか・基本的なコミュニケーションが取れるかなど人間性の部分が評価されます。
風俗の面接に対して不安を感じている場合は、ダイエットやメイクよりも当日の身だしなみや面接中の態度に気を付けてください。

2.風俗の面接の流れと気を付けること

風俗における面接の流れは、風俗情報サイトや求人雑誌、女の子向けの風俗求人サイトをチェックして働きたいお店を探すことから始まります。

応募方法は主に電話やメールですが、最近ではメッセージアプリが利用できるお店も少なくありません。メッセージを送信する際は丁寧な言葉遣いを心がけましょう。採用担当者はそのような細かい部分もしっかりとチェックしています。

応募する際に伝えておいたほうがいい情報は、下記の通りです。

応募する際に伝えておいたほうがいい情報

  • ●名前
  • ●年齢
  • ●週に働きたい日数
  • ●風俗やナイトワーク経験の有無
  • ●現在の就労状況
  • ●アピールポイント(体型など)

基本的に履歴書は不要ですが、本人確認ができる身分証明書を用意する必要があります。
身分証明書は顔写真付きの身分証明書を用意するようにしましょう。顔写真付きの身分証明書が用意できない場合、登録できない可能性もあるためです。

実際に面接会場に到着した後、まずは履歴書代わりとなるエントリーシートを記入します。

エントリーシートの内容(一部)

  • 稼ぎたい金額
  • NGプレイ
  • 彼氏や同居家族の有無
  • 喫煙の有無
  • ホームページや風俗情報誌への顔出しの有無
  • お店のプロフィールに書く内容(好きなプレイ内容、性感帯など)

エントリーシートへの記入が終わると、店長やスタッフによる面接が始まります。面接自体は一般のアルバイトと大差ありません。

お店側からは女の子に質問をしたり、お店のコンセプトや基本サービス、オプションやバック率などの説明があったりします。お店に対する質問や確認したいことがある場合は、このタイミングで聞いておきましょう。

面接終了後、合格になった場合は源氏名を決め、体験入店や講習・パネル写真撮影の日程調整など今後の話に移ります。

2-1.お店の雰囲気を掴むための質問を用意する

風俗のお仕事は水商売と異なり、他の女の子たちが実際に働いている所を見ることができません。そのため、実際に働き始めた後に「イメージと違う」と感じることもあります
このようなすれ違いを起こさないためにも、面接の段階でお店の雰囲気を把握しておきましょう。

仕事内容や待遇などに関する質問を事前に用意しておくことで、当日慌てずに質問することができます。
確認するべき事項は下記の通りです。

確認するべき事項

  • お給料(バック額)
  • 引かれる金額(雑費・罰金など)
  • 待遇(待機室・送りの有無・日給保証など)
  • 基本プレイ
  • オプション内容
  • お仕事上のルール(ペナルティや服装など)

3.風俗の面接で不合格になる人によくある特徴

風俗の面接で不合格になりやすい人の特徴は、主に以下の3つです。

  • ●一般常識が欠けている
  • ●面接中の態度が悪い
  • ●多数の店舗を転々としている

どのような人なのか、1つずつ解説します。

〇一般常識が欠けている
一般常識が欠けている言動や行動を繰り返す人は要注意です。以下に一般常識が欠けていると判断される言動や行動をまとめました。

  • ●面接を無断でキャンセルする
  • ●連絡も無しに遅刻する
  • ●嘘をつく
  • ●言葉遣いが汚い
  • ●基本的な身だしなみが整えられていない など

風俗は接客業であるため、一般常識が欠けている女の子は印象も悪くお客さんの前に出すことはできません。そのため、不合格になりやすいです。

〇面接中の態度が悪い
面接中の態度も注意が必要です。面接担当者の話を聞かずにスマホをいじっていたり、脚を組んでいたりする女の子を採用したいと思うスタッフはいません。

面接中にメモを取りたかったり、その場で調べたいことがあったりする場合は、メモを取るためにスマホを使用していいかどうか確認して許可を貰いましょう。

〇多数の店舗を転々としている
風俗店にはお店が積極的にフリーのお客さんをつけてくれたり、新人好きのお客さんが指名してくれたりする新人期間があります。この新人期間は、比較的稼ぎやすい期間です。

しかし、新人期間が終わった後はお店の集客力だけではなく、自分の努力や工夫も必要となります。この時に「全然稼げなくなった」と感じ、すぐに他の風俗店に移動してしまう女の子は、採用されにくい傾向にあります。

4.風俗の面接に合格するためのコツ2選

基本的な身だしなみや一般常識を備えていることは前提として、より合格しやすくなる為には何ができるのでしょうか。

ここからは、風俗の面接に合格するために効果的な2つのコツをご紹介します。「絶対働きたいお店がある」「万全の態勢で挑みたい」という女性はしっかりチェックしましょう。

4-1.よく聞かれる質問に対しての回答を用意する

どのようなお仕事の面接であっても、お仕事に対して意欲の高い人が採用されやすくなります。
あらかじめよく聞かれる質問に対して回答を準備することで、いかに自分がこのお店で働きたいのかという意欲を伝えることができます。
風俗店の面接でよく聞かれる質問の内容は、以下の通りです。

  • ●志望動機
  • ●お店を選んだ理由
  • ●希望の勤務日数・曜日・時間
  • ●風俗のお仕事経験の有無
  • ●得意なプレイ・NGプレイ

特に志望動機やお店を選んだ理由は、入念に考えたうえで面接官に伝えましょう。風俗で働くことに対する熱意を伝えるチャンスです。

もちろん「お金目当てで働きたい」という志望動機でも問題ありません。風俗で働きたい女の子がお金のためにお仕事をすることは、お店側も理解しています。
志望理由が楽に稼げそうと言う女の子よりも「生活のため」「借金返済のため」「目標を叶えるため」に頑張る女の子のほうが、面接担当者からの印象も高いです。

4-2.面接受けしやすい身だしなみをする

面接に行く際の格好は、実際のお仕事をイメージして男性ウケの良いファッションやメイクを選びましょう。
女性らしく清潔感のある服装で、派手過ぎないナチュラルなメイクがおすすめです。靴やカバンもボロボロではない物を選びましょう。

風俗の面接では服装の指定はありませんが、だらしないヨレヨレの服やボーイッシュ過ぎる可愛げのないファッション、個性的すぎるメイクなどは好まれません。

お店のコンセプトにもよりますが、お仕事中の服装は「スカートかワンピース」と決められている風俗店も多いです。女性らしさを全面的にアピールし、合格を勝ち取れるようにしましょう。

まとめ

ここまで、風俗の面接を受ける際の流れや不合格になる人の特徴、そして合格するためのコツについて解説しました。人に不快感を与えない基本的なマナーや気遣い・振舞いが出来れば、風俗の面接に合格することができます。

十分な意欲をアピールすることで、合格の可能性は高まります。ここまでの内容を参考に、事前の準備をしっかりと行い、良い結果を迎えられるようにしてください。

次の記事へ